2017/06/15

結論ありき

予想より早かったが

 "予定"されていたことですが、「共謀罪」法案が今朝参議院で強行採決され、成立しました。私は会期延長して強引に押し通すと思っていたのですが、優しい優しい野党に囲まれ、それも必要なかったようです。

 生まれた時から自民党の応援団である日本維新の会は当然ですが、創価学会の弾圧という歴史を背負っているにもかかわらず血迷った公明党も国民に牙をむき強引に国会を通過させました。

 この法律がテロ防止、あるいはそれだけを目指しているものではないことは明らかです。そもそも、この法律でテロが防げるわけでもありませんし。

 一般の人が捜査の対象になることはない・・・ですって?
 一般の人を捜査・監視の対象にしなかったら、犯罪は防げません。それは共謀罪法に限ったことではありません。犯罪は"一般の人"がおこすのです。
 問題は、「一般の人」がどの段階でどのように「監視」、「捜査」されるかです。"共謀"ですからね。

 ただ、この結論は今回与党がこの法案を提出した時からわかっていたことで、無力極まる野党にも批判の目が向けられなければいけません。とりわけ、民進党の体たらくは目に余るばかりです。要は人がいないのです。与党にも野党にもまともに物事を考え、発信できる人がいないのです。
 
 民進党が民主党時代に侵した、否、犯した罪深い政治。あのレベルの人しか代表や指導者になれない人材欠如(不足ではなく欠如です)。二度と政権を取らせてはいけない崩壊寸前の政党。そんな政党は与党から完全に舐められています。
 次々に出された〇〇不信任決議案など、私ですらせせら笑ってしまいます。

 万が一、今の野党が政権を取ったらこの法律を廃止するでしょうか?そんなことはありませんね。
 ひとたび権力を掌握すれば、この法律は権力者にとって大きな武器です。
 そんなことは、あの民主党(現民進党)が政権を取った時のことを思い起こせばすぐにわかります。徹底的な情報隠しと幼稚な「オレ様的」、強権的な態度。
 他の政党でも同じことです。
 権力者とはそういうものです。党派やイデオロギーの問題ではありません。

 私たちは常に懐疑心を持って権力に対峙すべきであると思います。

2017/06/12

W杯ヨーロッパ予選第6節6月11日の結果

[順位変わらず]
 グループDは6月11日に3試合が行われ、いずれも引き分けでした。従って、順位に変動はありません。

アイルランド追いつきドロー
アイルランド 1-1 オーストリア

 アイルランドは前半31分に失点すると、それをなかなか挽回できず、後半も時間だけが過ぎていきました。
 しかし、あわやこのままオーストリアに逃げ切られるかと思われた後半40分、左サイドで後方からのロングフィードを受けたウォルターズがそのまま走りこみミドルシュートを放つと、ボールはゴールマウスへ飛び込み、ファーのサイドネットを揺らし、同点に追いつきました。
 試合はそのまま修了し、アイルランドはどうにか勝ち点1を上積みしました。

ウェールズ追いつかれドロー
セルビア 1-1 ウェールズ

 ウェールズは前半35分、PKを得ると、キッカーのラムジーが相手GKの逆を突き、先生ゴールをあげました。
 1点リードで折り返した後半、セルビアの攻撃をなんとか防いでいましたが、後半28分、同点に追いつかれ、結局1-1の引き分けに終わりました。

グループD他試合の結果
モルドバ 2-2 グルジア(ジョージア)

 ヨーロッパ予選の第7節は8月31日~9月2日に行われます。

2017/06/11

W杯ヨーロッパ予選第6節6月10日の結果

北アイルランド土壇場で勝利

アゼルバイジャン 0-1 北アイルランド

 ホームでアゼルバイジャンに4-0と大勝した北アイルランドですが、アウェーでは最後まで手こずり、あわやスコアレスドローに終わるところでした。
 しかし後半、アディショナルタイムに相手PA内での競り合いから、最後はダラスが決めて、なんとか勝ち点3を得ました。

グループC他試合の結果
ドイツ 7-0 サンマリノ
ノルウェー 1-1 チェコ

スコットランド勝利目前で追い着かれる

スコットランド 2-2 イングランド

 試合は終始イングランドが圧倒していましたが、ホームのスコットランドは負けるわけにいきません。前半は両チームスコアレスでした。
 後半もスコットランドは攻められ放しですが、なんとか凌ぎます。しかし、後半25分、とうとうイングランドに先制を許してしまいました。
 1点リードのイングランドですが、全く手を緩めることがなくスコットランドに襲い掛かります。そんな中で修了間近の後半42分、グリフィスがFKを直接決め、追い着きます。
 そして後半45分、アディショナルタイムに入ろうとする時、またもやグリフィスがFKで得点し、スコットランドが逆転しました。
 ここで勝負あったかに見えたこの試合ですが、後半のアディショナルタイムに追い着かれてしまいました。あとは守るだけのスコットランドだったのですが・・・
 スコットランドとしては惜しくも勝利を逃し、勝ち点1を得るに留まりました。

グループF他試合の結果
スロベニア 2-0 マルタ
リトアニア 1-2 スロバキア

 明日はグループDでアイルランドがオーストリアと、ウェールズがセルビアと対戦します。

2017/06/09

ハングパーラメント

与党過半数獲得できず
英国総選挙

 ティリーザ・メイ首相がEU離脱を控えての解散に打って出た総選挙で、与党保守党は議席の過半数を獲得できず、前々回と同じ「宙吊り」状態になりました。また、野等第一党の労働党(LP)は党勢を回復してきています。前回初議席を得たショーヴィニスト(排他的民族主義者)集団の英国独立党(UKIP)は議席を失いました。(表)

 メイ首相は保守党を圧勝させ、EU離脱に向けた動きを加速させようとしていただけに、いわば、思惑が外れた形になりました。

 前回躍進したスコットランド国民党(SNP)はスコットランドでは第一党を保ったものの、サーモンド前党首、ロバートソン副党首が落選するなど大きく議席数を減らしました。保守党が健闘し、スコットランド独立の機運はやや後退したと言ってもよいでしょう。場合によってはスタージョン党首の責任が問われるかもしれません。現段階で、スタージョン党首は「スコットランドでは勝利した。」と言っています。

 ウェールズではEU離脱に反対するカムリ党(PC)が1議席伸ばし、潜在するウェールズ独立の動きを加速させる可能性があります。ただ、ウェールズではスコットランドほど独立機運が高まっているわけではなさそうです。

 北アイルランドでは民主統一党(DUP)とシン・フェイン(SF)が議席を二分する形になり、他には無所属が1議席を得ました。
 シン・フェインのゲリー・アダムス党首は、シン・フェインの議席が4から7に増えた結果を歓迎し、アイルランド政府に対し、EU離脱交渉に際し北アイルランドに特別な地位を確保するよう主張しています。英国のEU離脱は決まったことですが、シン・フェインは従前からEU離脱には否定的です。

 前々回保守党と連立を組んだ自由民主党(LDP)は前回に続き今回も連立することはないと言っていますので、第一党の保守党がどのような連立を組むのか注目されます。おそらくは政策が近く、EU離脱にも前向きな北アイルランドのDUP(10議席)と連立し、どうにか過半数を確保しようとすることが予想されます。(→実際にそうなるようです。)

表.英国総選挙各党獲得議席数
  before
2015 2015   2017
    
Con 307 331 318
Lab 258 232 262
SNP 6 56 35
LDP 57 8 12
DUP 8 8 10
SF 5 4 7
PC 3 3 4
GP 1 1 1
SDLP 3 3 0
UUP 0 2 0
UKIP 0 1 0
ALLN 1 0 0
OT 1 1 1

Con:保守党 / Conservatives

Lab:労働党 / Labour
SNP:スコットランド国民党 / Scottish National Party
LDP:自由民主党 / Liberal Democratic Party
DUP:民主統一党 / Democratic Unionist Party
SF:シン・フェイン / Sinn Féin
PC:カムリ(ウェールズ)党 / Plaid Cymru
GP:緑の党 / Green Party
SDLP:社会民主労働党 / Social Democratic & Labour Party
UUP:アルスター統一党 / Ulster Unionist Party
UKIP:英国独立党 / United Kingdom Independent Party
ALLN:同盟党 /  Alliance Party
OT:その他 / Others
太字は地域政党

 ここ当分目が離せない英国情勢です。

2017/05/22

安倍晋三よ、なぜ焦る?

改憲に掛ける思い

 内閣総理大臣安倍晋三は自民党の改憲案を年内に策定するよう指示したそうです。そうすぐに現実化するとは思えない憲法改正をなぜそれまでして急ぐのでしょう。自民党総裁の任期を延長し、総裁に居座るはずなのにです。

 以下は私の勝手な想像です。裏は取っていません。あくまでも想像です。

 1.安倍晋三は早晩総理を辞任するでしょう。
  1)森友学園、加計学園問題で窮地に追い込まれる。
    もしかすると法的には違反行為はないかもしれません。
    しかし、かなり深くこれらの問題に関与していた可能性があります。
  2)「関与していたら責任をとる」と大見栄を切っている。
  3)関連して"持病"が悪化する。

 2.従って、総裁任期延長は断念せざるをえません。

 3.そうなる前に"尊敬する"祖父から続く悲願である憲法改正を実現したい。

 等々と思うのは、安倍の立場に立てば理解できることです。

 総理辞任に関しては既に覚悟を決めたのではないでしょうか。1の1)、2)はどう考えても安倍が無関係とは言えないでしょう。

 頑張って、頑張って、辞任を年明けまで延ばすことで、その前に自民党の改憲案が作られます。

 どうでしょうか?考え過ぎ、言い過ぎでしょうか?

 それにしても全くコントロールの利かない与党自民党の姿は日本国民として恥ずかしい限りですし、それをまともに批判できない野党、特に民進党の体たらくも目に余ります。

2017/05/04

牙を剥いてきたぞ

ほら、やはり9条だ

 内閣総理大臣、安倍晋三は5月3日の憲法記念日に憲法改訂に言及しました。具体的には第9条に自衛隊条項を入れようというのです。目指すところは戦争放棄の放棄でであることは疑う余地がありません。
 ついでに、教育無償化まで憲法に盛り込むと言い出す始末です。
 憲法では教育を受ける権利を謳っていますから、無償化を言うのであれば、その下の法律レベルで十分でしょう。どのレベルまで無償化するかというのは、時代によって流動的かもしれませんし。

 憲法9条の廃棄を求める勢力は「野党」と言われる政党の中にもありますし、野党第1党の民進党の中にも自民党よりももっと激しく軍備を主張する議員もいます。日本維新の会や日本のこころなどは、公明党より、あるいは自民党内の一部の議員より、もっと忠実な「安倍の犬」です。(この言い方は犬に失礼ですが。)

 もちろん、憲法を変えていけないとはどこにも書いてありませんし、憲法には改正の手続きまで書いてあります。従って、必要に応じて憲法は変えればよいと思います。ただ、その場合、何をどう変えるかということを具体的に示さなければなりませんから、とにかく「憲法を変えよう」と言うのは本末転倒です。
 そして、そもそも、憲法の改正は国会が発議し、国民投票で決定するもので、そうた易くはありません。

 ただ、一方で、今議論されつつある共謀罪が成立すると、まさに第二の治安維持法となり、独裁国家の道を歩みかねません。

 ですから、改憲と共謀罪は表裏一体のものであると認識すべきです。

 権力者は、イデオロギーの如何にかかわらず、独裁者たろうとするものであることを私たちは肝に銘じておく必要があります。

 そして、安倍が敢えて憲法記念日に発言したことを極めて重く受け止めるべきだと思います。

2017/04/25

九州人だから?

辞任ではあるが・・・
民進党に批判する資格はあるか?

 相次ぐ不適切発言で、ようやく今村復興大臣が辞任の意向を示しました。本来は首相が罷免すべきなのでしょうが。

 一方、今村大臣を批判する野党の中にも与党時代にとんでもない人物を抱えていた政党があります。そう、松本龍を復興大臣に祭り上げた当時の民主党(現、民進党)です。
 宮城県知事が先に応接室で「お出迎え」しなかったのに腹を立てたのか、松本大臣のその後の言いっぷりは命令口調というか、恫喝そのものでした。
 民進党にはこんな人物がいたのですね。しかも当時の首相、野田佳彦はこういう人に大役を任せていましたし。今も似たような人がいるかもしれませんけどね。

 その松本大臣は会見で「私も九州の人間ですけん、ちょっと語気が荒かったり・・・」と言っていました。今回の今村大臣も九州人です。
 彼らが九州人の典型かどうかはわかりませんが、九州の方々はどうお思いでしょうか。

 それにしても、総理大臣の安倍晋三を始め、近年の政治家の発言の軽さは目に余ります。もっとも彼らを選んだのが私たちですから、責任は私たちにあるのでしょうが。

2017/04/08

どこまでアメリカに・・・

またもや愚行を

 米国は4月6日、シリアのアサド政権軍の空軍基地を攻撃したと発表しました。

 「アサド政権が化学兵器を使用した」というのが理由のようです。

 これに対して日本の総理大臣安倍晋三は米国政府の決意を「支持する」と語りました。

 もちろん、化学兵器の使用は許せないことです。
 しかし、アサド政権軍が化学兵器を使用したとする証拠はあるのでしょうか?

 思い出されるのは2003年に米国大領領ジョージ・ブッシュによって引き起こされたイラク戦争です。「イラクが大量破壊兵器を有する」という、ねつ造情報を根拠にしたものでした。当時の日本の首相、小泉純一郎は軽々とその行為を支持し、後に米国自身が過ちを認めたにもかかわらず、日本はいまだに反省すらしていません。

 今回の空爆と日本政府によるその支持が同じ轍を踏まない保証はありません。

 もしかすると、本当にシリア政府軍が化学兵器を使ったのかもしれません。だとすれば、きちんと根拠を示した上で行動すべきです。もちろん、空爆が唯一の「行動」ではありませんが。

 そうであったとしても、行動は今ではないでしょう。更に、日本政府は安易に「支持」を表明すべきではないでしょう。真に米国のことを思うなら、「ちょっと待て。」と言うべきではないでしょうか。

 せっかく反ISを巡って、ロ米関係がよい方向に向かおうとしていた時、また、米国では中米首脳会談が開かれている時です。

 軽率なトランプ。軽薄な安倍。

 明るい道筋が見えてきません。

 そもそも、第二次世界大戦以後、米国がアジアに介入してうまくいったことはありましたか?

2017/04/05

避難指示解除だが・・・

またぞろ飛び出す自己責任論


 去る3月31日と4月1日、2011年の東北大地震に伴う核発電所(いわゆる原子力発電所)事故のため避難指示が出されていた福島県の浪江町、川俣町、富岡町、飯館村の4町村で一部を除きその避難指示が解除されました。しかし、実際には多くの元住民の方たちが避難生活を続けたままです。

 これとともに、避難区域外から避難している世帯への支援が3月31日で打ち切られました。

 ここで必ずや言い出されるであろうと思っていたのが、「早く帰還しろよ。帰還せずに何か不都合がおこっても、帰還しないアンタが悪いんだよ。」という権力者による逃げの一言です。

 はからずも、昨日4月4日、国の責任を問われた今村雅弘復興大臣が言っちゃいました。「帰れないのは本人の責任。」と。しかも、こともあろうに「中傷誹謗しないでください!」と"逆切れ"する始末でした。
 記者会見のやりとりを視聴すれば、中傷誹謗したのは大臣自身ですが。

 そして、夕方は謝罪会見です。「感情的になりました。」と。

 まあ、本音 - 必ずしも今村大臣だけではなく権力者全体の ー 本音が出たということでしょうが、発言の中味もさることながら、「感情的になる」ような人は大臣にふさわしいとはとても言えません。どんな「感情的な」質問をされようともです。

 もっとも、内閣を統轄する総理大臣も十分感情的で軽薄な人間ですし、彼らを選んだのはほかならぬ私たち国民ですし、歯がゆい思いでいっぱいです。

 それにしても、これをまともに追及できない野党も情けないものです。

2017/03/31

今年初投稿

北国の灯は変わります

長い間投稿を中断していました。

明日から新年度(会計年度)です。新しい社会人が誕生します。

私がブログを書き始めたのは2007年2月4日ですから、10年が経過しました。

サッカーJ1のアルビレックス新潟から始まって、アイルランドスコットランドウェールズ、そして少しずつ守備範囲を広げていきました。

サッカー界では今季のJリーグが2月下旬に開幕し、アルビレックス新潟は昨年同様苦しい戦いを強いられています。

ワールドカップ2018ロシア大会のヨーロッパ予選はちょうど折り返しの5節を終え、グループDでアイルランドとセルビアが無敗で激しい首位争いを演じています。同グループのウェールズも負けなしですが、勝利が1試合だけということで3位に留まっています。

スコットランドはグループFの4位で上はイングランド、スロバキア、スロベニアと強豪が揃っていて苦しい展開です。

北アイルランドはグループCで3勝1分1敗の2位ですが、その1敗は昨年10月の大3節で首位のドイツに対してのものです。今年10月のホームでの雪辱を期待したいと思います。

そんなこんなでまた続けようと思っていたのですが、このままではマンネリ化が避けられません。そこで思い切りハンドルを切り、もっと社会に目を向けることにしました。

これまでもそう言ってきたのですが、今一つ踏み込みが足りませんでした。

今年は変わります。サッカーは少しだけにし、世界、日本を見つめます。

ただ、アルビレックス新潟のサポーターであり、アイルランド、スコットランドに対する思いは変わりません。